OSSIY.NET Hateblo館

おっしーねっとはてブロ館へようこそ!

OSSIY.NET Hateblo館へようこそ。

Poplle個人的にまとめ【2019年版】

 

「poplle」の画像検索結果

Poplleに関するまとめ

1いいね=1円で話題になった「poplle」を3か月ほど使って、見えてきた良い点と悪い点を個人的にまとめてみました。

良い点(メリット)

1いいね=1円は魅力的

1いいね=1円という、ある意味、破格的で驚きなサービスですが、それで運営が(一応?)成り立っているのであれば文句はありませんね。

広告の出現が一定のアクションのみに限られている

広告も、よくある危ないゲーム(特に外国製に多い)みたいに、常に表示されるタイプではなく、「ボーナスチャレンジ」(※一日10回まで)時のみ、というのがいいですね。ただし、動画広告が表示されるまでの間が少しだけ長い気がします。(他のアプリと比べて)

シンプルで、かつ簡単

分かりやすいのはいいことです。詳細なことまで覚えなくていいのは、このアプリの良いところだと思っています。

交換種類が以前と比べて増えた

以前はセブンイレブンのみの一択でしたが、他の飲食店系列(サーティーワン・ケンタッキー・モスバーガー)でも徐々に交換できるようになっています。増えているのは良いし、これからもどんどん増えてほしいと思います。

悪い点

現金引き出しができなくなった

自分がはじめてすぐの時にできなくなりましたね。一応リリースは2019年なので、1年持たずに現金交換は一時的に幕を閉じることになりました。引き出し時の「交換できない」「交換できた」の圧倒的な二極化も重要な問題かも。

Google Driveなどから参照できない(内部画像のみ)

iOSでは一切検証していないので、自分が使っているAndroidでの欠点を一つ。

他のSNS(LINE・Twitter)では「Google Drive」「Google Photo」から開けるはずなのですが、poplleでは「内部画像」のみに限定しています。転載する悪用が多いからその防止策なのか、それとも実装していないだけなのか、それともiOSではできるのか、イマイチはっきりとしていません。内部画像のみだと、他のカメラ(デバイス)で撮った写真をpoplleに上げるためにはpoplleがインストールされているデバイスに画像を持ってこないといけないので、手間がかかります。悪用防止ならまだしも、そうでないのならこれは解決してほしいです。長文になってしまいました。

Android Emulator系でSMS認証できない(ログインすることができない)

上の欠点つながりで、ついでにもう一つ。どうせ内部画像でしか画像を参照できないのなら、容量が多いパソコンにインストールしてしまえばいいのではないか、と思い、PCでAndroidエミュレータである「Nox Player」(※Android 7)で検証しましたが、こちらはSMS認証で失敗。認証方法の幅も広げてほしいと思いました。(LINEはFacebookでもできるので)

f:id:ossiy:20191212182133p:plain

ここまでくれば、またLINEと同じですが、PC版も用意してほしいです。が、広告の配置などが難しいか。せっかく閲覧できるのに、ログインできないのはどうかと。

追記検証:Microsoft純正のAndroid Emulatorでも検証(※Android 9)しましたが、同じようなエラーで失敗します。

しょっちゅう商品の交換ができなくなる

現金での引き出しができなくなってしまった今、交換しかできなくなってしまったので、いざ交換をしようとすると、「準備中」。交換スケジュールは常に公表済み(笑)ですが、できれば現金のようにいつでも交換できるようにしてほしい。まあ、現金は交換までに1週間かかるので、現金も現金で、どうかなーと。

連携が少ない(謎)

Twitterのみ連携できるのは、未だに謎ですね。他にも連携してほしいです。

交換種類が少ない

先ほど交換先が増えたとか言いましたが、これでもまだ4つしかありません。しかも、どれも微妙な商品で、なにしろ普通に買うよりかなり金額が上乗せされます。(セブンイレブンのを見た限りでは、の話ではあるが)現金で引き出すときもかなり手数料がかかります(あくまで500円の時、1000円とかであれば納得の手数料になる)が、これでは手数料払ってでも現金にして商品を買った方が、個別にカードのポイントとかも付くし、そっちの方が割に合うのでいいんじゃないかと。

交換・現金以外に手段がない

これは現金にしてしまえば文句はありませんが、それでも手数料がかかる、なにしろ今は交換しかできないのであえて言うと、Pay系への交換が欲しいです。あとはAmazon Cardとか。交換できないのなら、そっち系に交換してほしいです。まあ、提携がまだなのもありますがね。

 

まあ、まだいろいろあります。ということで、ここまで読んでくれたのも何かの縁。早く私の投稿をいいねしてくれたまえ(笑)

app.poplle.me

スマホ専用。早くPC対応になることを祈ります。。。

【SNLM】品質向上のため更新ペースを向上いたします。

2019年12月10日、SNLM開発チームは、品質向上と他の駅名標作成サイト等との差別化のため、更新ペースの向上を図る見込みと発表しました。

f:id:ossiy:20191210171502p:plain

SNLM Build 1014

新規テーマ追加の案や募集はしばらく締め切り、品質の向上に努める。

SNLMでは「第三セクターシリーズ」と題して、各地の第三セクター駅名標を新規追加していくシリーズを行っていましたが、「えちごトキめき鉄道」の追加を最後に、しばらく新規追加は見送らせていただくことになりました。

今後は以前から追加予定だった「JR四国」「東京メトロ」「相鉄」と、募集で挙がった「ニューシャトル」の駅名標を新しく追加する見込みで、新規テーマ追加は、品質向上に努めるため、しばらく休止させていただきます。

バージョンが分かりやすい「ビルド番号」導入。「バージョン情報」も分かりやすく。

f:id:ossiy:20191210172543p:plain

SNLMのバージョン情報画面。ビルドが追加され、更新履歴も表示される。

V1.0.1.4(Build 1014)からはバージョンがわかりやすくなる「ビルド」を導入致しました。今までは「V1.0.1.0」という形式で、バージョンとしては少し分かりにくいのが欠点でした。しかし「ビルド」の導入により、現バージョン(2019/12/8版)は、「1014」と複雑な記号(「.」)や文字(「V」)などを使用せず、数字のみの形式でお伝えすることができるようになりました。SNLMの公式掲示板でも今後は「1014」とビルド番号でお伝えしたいただければ返信ができますのでよろしくお願いいたします。

更新ペースの向上に伴い、「アップデート時間」の短縮も。

f:id:ossiy:20191210172726p:plain

SNLMの更新ダイアログ。(旧バージョン)

今後は定期的なバージョンアップやアップデート、仕様変更なども見込まれます。そのためSNLMでは、V1.0.1.3(Build 1013)の更新から、「自動更新」による更新時間の短縮を行いました。Build 1013から適用されているので、それ以前のバージョンの方は、お早めにアップデートをお願いいたします。

よりよい品質向上に努めるため、掲示板もリニューアル予定。

SNLMでは、皆様のご意見や評価を真摯に受け止め、それを行動に移していきます。駅名標作成ソフト「SNLM」でのご不明な点、質問や、不具合情報、動作しない、欠点や改善点などを掲示板に是非書き込んでいただきたいと思っております。

ossiy.net

しかし、現状の掲示板ではコメントのみのため、具体的な状況や、評価がつけられないため「うまく伝わらない」ということを起こる可能性があります。

今後掲示板のリニューアルも計画しておりますので、URLの変更等がありましたら、こちらから公式LINE・公式Twitterでお知らせし、SNLMでも反映したいと思っておりますので、どうぞご期待ください。

他の「駅名標作成サイト」等とは違う、便利で分かりやすいのを目指して

既にインターネット上では、「駅名標作成サイト」や、「Excel駅名標を創る方法」など、様々な情報や便利なツールがございます。しかし、「SNLM」には、SNLMなりの良さがあり、そして便利な点があります。今後のSNLMでは、そこを強く協調して、新しい「駅名標作成ソフト」という分野を進んでいきたいと思っております。そのためには、皆様の支援が必要です。SNLMをダウンロードして、使ってみてください。

ossiy.net

直接PCに簡単インストールしたい方は、こちらをクリック↓
Windows 専用アプリケーションです)

https://ossiy.net/wp-content/uploads/snlm/SNLM.application

碧線のブログは「OSSIY.NET AosenBlog」となります

碧線のブログから重要なお知らせです。

既に11月9日発表しておりました「OSSIY.NET Group 再統合」ですが、再編スケジュールや変更点などが決定しましたので当ブログで発表させていただきます。

「T3 Travel Page」(TTP)は「OSSIY.NET 別館」へ

2012年11月1日より7年の間親しまれてきたtatuya3.jimdo.comこと本年10月31日より始動しました「T3 Travel Page」(TTP)は、「OSSIY.NET 別館」へと生まれ変わります。以前「分館」とお伝えしましたが「別館」に変更となりました。併せてご報告させていただきます。

変更スケジュール

2019/12/30 サイトを一時閉鎖(閲覧禁止状態)

2019/12/31 プレオープン(一部開放)

2020/1/1 グランドオープン(完全開放)

2019/12/21 「JIMDO館」として再オープン

Aosen Blog(碧線のブログ)は「OSSIY.NET AosenBlog」へ

碧線のブログはOSSIY.NETと完全統合をし「OSSIY.NET AosenBlog」となります。

変更スケジュール

2019/12/31 変更

2019/12/21 「Hateblo館」として再オープン

Misdo Fanは完全統合しサイトも完全に閉鎖いたします。

Misdo Fanは2019年12月30日を持ちまして閉鎖します。

2019年12月31日に「OSSIY.NET」内にて「Misdo Museum」として再オープン

廃止します。

Twitter(4)

@ossiy_T3

現状維持

 

@tizuotakukai→@ossiynet

Aosenへ※既に変更済み

 

@motimond

もちつき→伊葵実へ※既に変更済み

 

@snlmapp

現状維持

相鉄JR直通線開業レポート11/30

いやー、ついにこの日が来ましたよ。

11月30日、相鉄JR直通。

もうどれだけ待ちわびてたことかw

ということで、乗ってきました。

某駅(最寄駅なんで伏せます)からSaikyo Rapid氏とS氏(匿名)で新宿まで行きました。後期車なんでビビったのは置いておいて、とりあえず新宿到着、乗り換えます。

f:id:ossiy:20191130221738j:plain

新宿駅2番線ホーム。10分間隔で海老名行きが到着し、当駅始発で発車する。

JR線内は「特急」でも各駅停車。

2番線ホームに掲載されている通り、JR線内は各駅停車です。西大井とか通過してもええやん、と思ってましたが新川崎を(ホームがないので)通過している、総武線快速との分岐駅でもある(武蔵小杉の混雑緩和が狙い?)ので、全列車停車になってます。発展しすぎだろ西大井。行先が大井ぞ流石に。

武蔵小杉から混みました

武蔵小杉まではマイナーな駅が多く、混雑してませんでしたが武蔵小杉から混みました。そりゃそうだわな、ここからは今まで貨物線だったもんな。

新川崎・鶴見は通過。ホームがないから

新川崎は見えますが、通過。

鶴見は定期券上の分岐点らしいですが無視して普通に通過。ここは湘南新宿ライン横須賀線も通過しますので妥当といえば妥当な通過駅。

武蔵小杉から15分、新駅「羽沢横浜国大」に到着

ここで武蔵小杉から来た客が一斉におります。いや、なにもないぞここ。

とはいえ11/30。開業当日。様々なイベントが催されたようです。行く暇ないのと、まず第一に混雑が激しいのでスルー。海老名まで行きます。

f:id:ossiy:20191130222410j:plain

ここからトレインビジョンが相鉄仕様になる。ただ、JR直通線向けのデザインのまま。

相鉄線内に突入。「特急」のため、一気に駆け抜ける。

そして西谷から相鉄本線に直通。そこから二俣川・大和・終点 海老名の相鉄の拠点各地に停車。どこもJR直通線開業初日で人は流石に多かったですね。

終点海老名到着。所要時間は1時間ほど。

f:id:ossiy:20191130222724j:plain

折り返し特急新宿行き。緑文字に「新宿」は、違和感を覚える。

そして、終点海老名に到着。所要時間は1時間ほど。所要時間においても、料金においても小田急の方が良いのは確実ですが、個人的には新宿駅での乗り換えが楽にできるのがメリットかなと。小田急とJRの乗り換えだるすぎまじ笑えないもう相鉄しかない

開業初日の感想

それにしても色々と新鮮味を覚えました。今までJR埼京線(JA)は、バカ高い第三セクターりんかいラインとクソ単線の川越線とかいう意味不明の路線としか直通していなかったので、こうして新たに「相鉄」と直通運転をするのは、便利にもなるし、いいかなと。ただこれ、得してるの武蔵小杉と西大井沿線民じゃね。埼京線民得しないよ。

その他。

f:id:ossiy:20191130223442j:plain

海老名駅名標。実は相鉄は初めてではない。

f:id:ossiy:20191130223518j:plain

横浜ばっかりの発車標に馴染みのある行先があると安心する。

f:id:ossiy:20191130223613j:plain

海老名駅にあった相鉄線路線図。JR対応済み。ただこれ、小さすぎて読めなーい

f:id:ossiy:20191130223700j:plain

ネイビーブルーと化した相鉄の旧型車両。こういうリニューアル好き

終わり。

Windows 10 1909 リリースされた件

Windows 10 1909がリリースされましたが、今回のアップデートは小規模です。まあ、前のビルドと1909の差にもよりますが。

たいした変更はない

今回のアップデートは1903からたいした変更はないみたいです。むしろ、1903.1みたいなもんなので、いつもみたいな(?)大規模ではなさそう。

1803/1809から1909は大規模

1909のリリースにより、1803がサポート対象外になりました。今更使う人なんていないだろう、と思っていますが1809以降バグが大量に潜んでいたり互換性の問題諸々問題になったので、未移行勢もいたのかな、と思います。ただ1803のサポートは終了したので、1909にしましょう。

未対応ソフトはほっとけばいい

未対応ソフトでマカフィー等セキュリティーソフトが対応していない!とかありますが、最終更新日が2019/9なのに前ビルドの1903が掲載されていない時点でWindowsのビルドをまったく把握できていないと予測できます。そういうのは元から把握するやる気がないのでほっといてユーザーで更新しましょう。とはいえ、自己責任にはなりますが、実際1903から1909はたいした変更がないので、支障はごく小規模でしょう。

付記

1.自作ソフトSNLMは1909に対応していませんが、今月中に対応予定(公式

2.Edge(Chromeベース)は2020年1月リリースなので1909では更新されません

3.たいした変更はないとありますが、更新自体はHDDの速度やPCの読み込み速度に依存しますので、場合によっては時間がかかります

 

以上。