OSSIY.NET Hateblo館

おっしーねっとはてブロ館へようこそ!

OSSIY.NET Hateblo館へようこそ。

Windows 10「Home」と「Pro」は根本的に違う

2020年1月14日、長年(と言っても10年w)にわたって愛され続けてきたWindows 7のサポート(厳密には延長)が終了しました。

xpのサポ終了ほどではないですが、Vistaのサポ終了とは比べ物にならないくらい、結構反響が大きかったようです。

そして、時すでに2020年。

新時代のOSとして見事にずっこけたWindows 10も5年が経とうとしています。

初期のころは結構騒がれましたが、EdgeもChromeベースとなり、アップグレード関係も柔軟に行えるWindows 10は、既にWindows 7を超えているといってよいでしょう。

そんなWindows 10ですが、Windows 7のころにもあったエディションが、引き継がれています。ここでは、それをまず振り返ってみましょう。

Windows 7のエディション一覧

Starter

ネットブック用。そんでもって機能制限のパラダイス。当初はWindows 10にはできないとの声明があった(同時に海賊版はできるという謎声明)から一転、その声明がすべて真逆になる形でWindows 10へのアップデートがサポートされた。10ではStarterが廃止されたため、アップグレードするとHomeになる。厄介な機能制限がない(というか、ネットブックを想定していない)ので、10にしたほうがカスタマイズ性は向上する模様。

Home Premium

Windows 10のHomeに最も近いエディション。中身は今のHomeとまったく変わらない程度の機能がある。今も昔も家庭向けではこれがスタンダードかな、と思ったら、Windows10ではそうはいかないみたいです。

Professional

Windows 10のProに近いかって言われたら実はそうではない。7当時はこれより上位のエディションがあったため若干控えめの機能だったので、意外と中途半端。ただWindows 10ではProでアップグレードされるので今となってみればお得感はあるかも。

Ultimate

今のWindows 10のProに最も近いエディション。当時はEnterpriseのプリインストール版という位置づけだったが、10ではUltimateが廃止されたので、ほぼ同等の機能を持つProにアップグレードされる。

Enterpriseは個人ではまず買うことがない(できない)のでここでは省きます。

Windows 10のエディション一覧

一方、Windows 10のエディションは8/8.1をそのまま踏襲したのもあってか、たったの2つのエディションのみ。(※Enterpriseや10Sなどは除く)

Home

Windows 7ではHome Premiumの機能に近い。

家庭向けで、あまりスペックの高くないタブレット・ノートパソコンを中心に搭載。企業では殆ど採用しておらず、ほとんどが個人用のエディションと言っていい。が、個人用のエディションが故に…(後述)

Pro

Windows 7ではUltimateの機能に近いが、事実上はProfessionalの継承と言える。

企業向けでもあり、家庭でも使わなくはないエディション。スペックが高いというよりは値が張るPCはだいたいProになる傾向がある。Homeが後述の通り欠陥点を抱えてしまったため、最早全ユーザー向けと言っても良い。(かといって、低スペックタブレットまでProである必要もないと思うが…)

アップグレードあれこれ

左がWindows7でのエディション、右が10でアップグレード対象のエディション。

Starter→→→Home

厄介な機能制限が消滅し、使い勝手は向上する。が、ネットブックのスペックがそもそも数年前のものなので、相変わらずモッサリした動作。ただ、SSD改造やメモリ増設をしたネットブックであれば、Windows 10のほうが本能を発揮できるだろう。10にしてみる価値は十分にある。

Home Premium→→→Home

まあ、言うまでもなくHomeですね。Starterとも違い、大して制限があったわけでもないので、10の仕様によって変わる…以外には変わりません。

Professional→→→Pro

これも言うまでもなくProですね。ただ、7のProと10のProは若干差があります。

Ultimate→→→Pro

で、一番問題はこれ。Windows 7からしてみれば、これはある意味ダウングレードのようにも見えます。機能に差はないのですが、やっぱり名前が7の時と違うのは…って感じですよね。かといって、Enterpriseにアップグレードする訳にもいきませんし。ここは絶妙な気もします。

Windows 10はHomeよりもProであるべき致命的な理由

ここでようやくタイトルにある「根本的な点」を説明します。

まず、7の頃はHome(以下Home PremiumとStarterをまとめてHome)とPro(以下ProfessionalとUltimateをまとめてPro)に大きな差はありませんでした。といっても、StarterとUltimateには大きな機能差はありました。

しかし、Windows 10に入ってからそういった内面での差はほとんど無くなり、Hyper-Vや暗号化などの機能差に興味がなければ「名前が違う」と「価格が異なる」の2つが大きなポイントとなるでしょう。

「名前が違う」はそりゃそうだろ、で終わるので終わらせておいて、「価格が異なる」の方は大きな問題だったりします。例えば、AmazonでHomeとProの価格を比較してみましょう。

※以下の情報は調査当時の情報です。最新の情報はリンク先でご覧ください。

価格:17703円 パッケージ版はかなり値段がします。

 価格:26058円 だがしかし、Proは1万円近く値段が上乗せされます。

さて、どうでしょうか。正直なところ、この価格では下手したら低スペックのタブレットが買えてしまいます。(特にProの値段よ)

一般の人からしたら、この価格差では、間違いなくHomeを買うでしょう。

ですが、それが落とし穴なのです。

Homeに潜む、あまりにも大きな落とし穴

Homeに潜む、あまりにも大きな落とし穴が存在しました。

最初に言っておきますと、リモートデスクトップとか、暗号化とかではありません。そんな些細な機能では、落とし穴とはいえないでしょう。公式にも明記してありますし。しかし、この落とし穴は、公式がどこにも明記していない、いわば隠れ落とし穴と言っていい落とし穴です。その落とし穴は、、、

Windows 10のアップグレード!!!

そうなんです。Windows 10が出たときに大問題になった7/8.1のアップグレードがHomeだとまた再経験することになってしまうんです。

おそらく、これは私の推測に頼り切っていますが、

MS「ProとHomeに決定的な違いを付けたいなあ…」

MS「あっ!そうだ!半年ごとに出るWin10の大型アプデで差をつけよう!」

MS「Proは企業が多く使用しているから、強制的にはできない…」

MS「なら、Homeのみ強制アプデにして、最新版にしてやろう!」

ということなんでしょう。Proも強制アプデにしてしまうと、企業からの反感を買ってしまうことになりかねませんから、企業が使わないプライベートなHomeを強制アプデ方式にすれば、問題ないと判断したのでしょう。

蓋を開けてみれば大問題ですね。

最近のアプデで改善されたとかいう話を聞きましたが、いまだに大型アプデは半年に一回リリースされている現状です。もはや、選択肢は一つ。

はじめからケチらずProにしておく

これ大事ですね。特にWindows 7が終了し、買い替えも相次ぎ、さらに来る4月、そのまた4月…まあ、7の終了による反響は一時的なものですが、新生活でパソコンを買うのはまだまだありえる可能性があります。その時には覚えておきましょう。HomeではなくProを選択するのだと。

いや、でも元からHomeなんだけど or ケチってHomeを買ってしまった

そういう人も、まだ遅くはありません。Windows 10の機能でライセンスキーの再認証があるので、Proのライセンスキーを購入して、認証させましょう。

・・・え?Proは高い?

安く買えるサイトがあるらしいので、そこで買ってみれば。あ、ここでは紹介しません。ここはそういう怪しいのを紹介する記事ではないので。ただ、手段の一つとして。でも、待ってください。まだ方法があります。

Windows 7 or Windows 8のProのプロダクトキーも使える

別にWindows 10のプロダクトキーである必要はないんです。7か8の余っているProのライセンスキーでも認証できるんです。8がしょぼすぎて、ライセンス認証せずに放置していたら、それは過去の自分に感謝するチャンスです。※場合によっては使用できない場合もあるようです。その場合は過去の自分を恨んで、きちんとちゃんとした正規品を買いましょう。

以上です。なんかエディションをひたすら説明する記事になってしまったなぁw